ありがとう!全国ご当地バーガー日本一!ラッキーピエロ函館

ラッキーピエロに新商品

151127TT01   函館の外食チェーン、ラッキーピエログループ(王一郎社長)は、ファンから募った新商品のアイデアのうち、インターネット上などでの投票数の多かった2点を商品化し一た。「函館イカポッポ焼ハンバーガー」と「スペシャルラッキーバーガー2(ラッキーしょうがやきにくバーガー十生姜焼肉)」。1日から市内などの4店で先行発売した。 ラッキーピエロのファンと知恵を出し合って新商品を創作する企画「第9回MYバーガーアイデアコンテスト」で、5月から6月までアイデアを募った。寄せられた217点のアイデアに対し、2178票の投票があり、グランプリには市内の会社員小田島祐介さん(西が考案した函館イカポッポ焼ハンバーガー、準グランプリに市内の会社員中野裕也さん(34)のスペシャルラッキーバーガー2が決まった。 イカポッポーは、イカの丸やきのイカポッポがバーガーに入りきらず、1枚の皿にハンバーガーとイカポッポを別添えで提供する。料金はーセット850円。昨年転勤で札幌から故郷函館に戻った小田島さんは「函館といえばイカ。函館らしい食材を使った商品を考えた」と話す。 スペシャルーはバーガーの中にショウガ焼の豚肉をはさみ、700円。中野さんは「ボリューム感を考えた」という。いずれの商品も一枚の皿にポテトとオニオンリングを添え、ナイフとフォークで食べる。11月27日に七飯町峠下総本店であった試食会では、「イカにマヨネーズが合う」「肉好きにはたまらない一品」などの声が上がっていた。両商品は現在、マリーナ末広店、五稜郭公園前店、七飯町峠下総本店、森町赤井川店の4店舗で1日各20個限定で販売している。北海道新聞 「みなみ風」記事より2015.12.02
PAGE TOP