ありがとう!全国ご当地バーガー日本一!ラッキーピエロ函館

港北大前店

minato1
港ロゴ
グルメレストラン プレスリーが青春だった
ラッキーピエロ 港北大前店(みなとほくだいまえてん)

函館市港町3-18-28(はこだてしみなとちょう3-18-28 北大水産学部向)
TEL 0138-42-6550 FAX 0138-42-0067
営業時間:AM10:00~AM0:30(土のみAM1:30)

駐車場 15台完備  ゆったり 30席

1950年代のアメリカを思わせる店、プレスリーが青春だった『ラツキーピエロ港北大前店』です。アンティークな雰囲気の店内で、出達うのは最高の味。歌うことによって、世界を変えたエルヴィス・プレスリーのように、この店の美味しさとおもてなしが、あなたの世界を素敵に変えてゆくことができますように…。

minato4

minato2

minato3

menutop-1
ハンバーガー
カレーライス
オムライス
函館おみやげ
  • 北海道大学水産学部向かい
  • 東日本フェリーより車で1分

▼ラッキーピエロ港北大前店「プレスリーが青春だった」

ラッキーピエロ港北大前店"

ラッキーピエロ港北大前店は、その名の通り北海道大学水産学部キャンパスの真向いにある店舗。大学から一番近い飲食店のひとつでもあるため、昼夜を問わず水産学部の学生さんや院生さんらが訪れます。

ラッキーピエロ港北大前店

初めて店内に入った方は、カウンター横に黄色いジャケット姿の男性の人形がたたずんでいるのが目に入ってびっくりするかもしれません。もみあげを長く伸ばし、ギターを抱えた濃い顔のこの男性は、伝説的なロックスター「エルビス・プレスリー」。この港北大前店は、店内の装飾をプレスリーで統一したユニークな店舗なのです。

▼今どきプレスリーって……?

ラッキーピエロ港北大前店

エルビス・プレスリーは、1950年代を中心にアメリカで大活躍したミュージシャン。ロックンロールの創始者の1人とされ、後進のミュージシャンや音楽そのものに多大な影響を及ぼした人物です。ただし1977年に40代の若さで亡くなっているので、リアルに見聞きした世代は少なくとも50~60代以上になっているはず。

ラッキーピエロの王一郎社長も、青春時代にプレスリーに熱狂した若者の一人。多感な中学・高校時代、洋盤のレコードがたくさんある友だちの家に出かけ、いつも一緒に勉強しながらプレスリーのレコードを聴いていたといいます。「今思えば本当にプレスリー漬けだったね。経済がどんどん発展した明るく豊かな時代の象徴が、プレスリーだったと思うなあ」と社長。

そんな自らの思い出を踏まえ、自分と同じ世代のお客さまにも青春時代に立ち返ってもらいたいとの思いを込めて、プレスリーのポスターや装飾品で店内を埋め尽くしました。店内で流す音楽も、プレスリーが活躍した1950年代の曲にする徹底ぶり。時には、お客さまから貴重なプレスリーのコレクションを寄贈いただいたこともありました。

▼知られざる2号店

ラッキーピエロ1号店がベイエリア本店であることはそこそこ知られていますが、「2番目にできた店は?」と聞かれて答えられたら、あなたは相当なラッピマニア。そう、ここ港北大前店が2号店なのです。

今ではラッキーピエロの看板メニューのひとつとなっているカレーは、港北大前店のオープンと同時に提供を始めたメニュー。つまり、ラッピのカレーの元祖はこの店ということになります。

ラッキーピエロ港北大前店

そのせいか、マニアの間では「港北大前店のカレーがおいしい」といううわさがある模様。港北大前店主任の佐々木美智子さんに真偽のほどを尋ねると、「確かにスタッフもお客さまも、港のカレーがおいしいと言いますね」とのこと。舌に自信のある方は、その真偽のほどを確かめてみては?

▼港北大前店の人気メニュー

ラッキーピエロ港北大前店

ラッキーピエロ港北大前店

おいしいと評判のカレーと、ラッピ名物のチキンが食べられる「チャイニーズチキンカレー」は不動の人気。ガッツリ食べたい学生さんが多いため、たっぷりご飯にチキンと目玉焼きを載せた、ボリューム満点で値段もお手頃な「チャイニーズチキン2段のり弁当L」もとても人気があるメニューです。

PAGE TOP